上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
forever 部屋の片づけ
琴線に触れたことを
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
部屋の片づけ

  自分の部屋ほど片付かないものはない。
家族の部屋はいとも簡単にできる事が、できない。
理由は簡単。
想い出と、ひとつひとつに『怨念』のようなものが詰まっているものがある。
想い出は美しくなってしまい、いまさら処分できない。
怨念の詰まってるものは、捨てられる。 
と思いきや、その『中身』を見て、愕然とする物もある。
そのひとつが、『ラブレター』である。
男というもは、いつまでもこんな物を大事に持っている。
『内容』はどこにでもある男女の交換日記のようなもの。
今でいうメールのようなもの。
でも当時は、一週間に一度程度で、相手から来る返事の前に何通も出していた。

  しかし、形あるものは壊れる。
『愛』が『怨念』に変わる。
そうなれば、結果は見えていた。
急速に覚める。


  その『手紙』を処分出来ずにいる。
『怨念』が蘇らないかと、、、。


スポンサーサイト

2009-01-11 Sun 14:01
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
<<好きな事に夢中になると、、、 | forever | 年末年始のテレビ番組>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| forever |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。