上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
forever 秋の日の夕暮れ
琴線に触れたことを
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
秋の日の夕暮れ

  今日は珍しく、、、忙しい中にもなぜか西の空を見ていた。
なぜいうより、たまたま眺めた西の山に夕日が、
今すぐにでも沈みそうだったからである。

 少し離れた所のうろこ雲を見ていると、秋の日はつるべ落としのごとく、
あっという間に夕日は西の山の中に吸い込まれてしまった。
風が急に冷たく感じられたけれどしばらく見ていると西の空が燃えるように焼け、
その光を浴びてうろこ雲も茜色に染まった。
その雲間から、冷たくそれでもどこか懐かしい宵の明星の輝き。

 昔はよく見ていたの、いつの頃からかその習慣がなくなっている。
毎年気忙しくなってきている。
目の保養にもなったけれど、心の保養にもなった。


スポンサーサイト

2008-10-12 Sun 22:09
別窓 | ひとりごと | コメント:0 | トラックバック:0
<< 遠き故郷 | forever | 季節は進み、、、>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| forever |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。